スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

痩せるときは胸から

痩せるときは胸から。
・・・なんてよく聞きますが、女性のわがままでしょうか痩せてもバストは残したいですよね。
バスト・胸を残す方法の大前提として、まず正しい下着を選ぶことが大事です。
あなたのつけている下着があなたのバストアップを妨げている場合があります。

正しい下着の着用のポイントを確認しましょう。

カップの形状が合っているか、胸郭と乳房との境目の形状がフィットしているか、胸が正しく収まっているか。
胸をしめつけないように、また寄せて集めた時のために、少し大きめぐらいでもいいです。
胸を正しい位置までもちあげた状態でカップを計るといいでしょう。
アンダーバストのサイズは本当に正しいか。
アンダーバストは苦しくない程度にやや小さめのものを買うと、寄せて集めた脂肪を固定できていいです。


形状や容量がちゃんと合っていないと、脂肪がつきにくかったり、逆に脂肪が逃げていったりしてしまいます。
サイズは変化もするものなので、一度下着屋さんで計ってもらい、適したサイズの下着を教えてもらいましょう。

正しい下着の選び方わかりましたか?

それではダイエットでバストだけ残す方法を、解説していきたいと思います。
体系を維持するにはそれなりの筋力が必要ですよね。
太っている時は前後左右に同じように脂肪がついているので、真ん中の背骨を軸に支えればいいのですが、それが落ちてきて前方のバストの重みを支えるには、背筋の力が必要になります。
背筋の力がないと、胸も垂れて見えるし、張りもなくなってバストが小さくなってしまいます。


鍛えるといってもそんなに大変なことではなく、背筋を伸ばして正しい姿勢で歩く。
これだけでだいぶ違ってくるでしょう。
頭を背骨で支えているイメージでゆっくりと歩いてみましょう。
正しい姿勢で立っているだけでも効果はありますよ。
痩せた体に更に自信を持てることは素晴らしいことですよね。


あなたの取り組んでいるダイエットに少し工夫の意識を加えてみてくださいね。

>>ノーリスクダイエット 

スポンサーサイト


ダイエット | 2009-11-23(Mon) 21:33:05 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 美容室サリュ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。